鍵の事ならどんな事でも24時間365日対応致します!群馬県前橋市の大和レスキューサービス"YRS"

正しい知識と対策でより強固な防犯を実現 <玄関の鍵交換以外でも様々>

正しい知識と対策でより強固な防犯を実現

防犯対策で最も重要なのは、正しい知識で行うことです。

しっかりと対策を行ったつもりでも、隙を突かれて空き巣に入られてしまうようでは残念ながら万全な対策とはいえません。

防犯をより強固なものにするため、ここでは防犯の正しい知識の身に付け方のコツを中心にご紹介していきましょう。

マンション、事務所などの防犯対策
マンション、事務所などの防犯対策

 

隙を無くす(オートロック+補助鍵・電子キーなどの対策を)

たとえば玄関がオートロックの物件の場合、部屋に入るためには鍵やカードなどが必要となりますが、ドアを開けた人の後ろに付いていくことで鍵やカードを必要としなくても、オートロックをいとも簡単に突破することができます。オートロックが突破されてしまうと、部屋と外を隔てているものは玄関ドアのみになりますので、玄関ドアに防犯対策が施されていないと、部屋にもたやすく侵入できてしまいます。これはつまりオートロックがあることで隙ができてしまっている状態といえ、空き巣が最も狙い目としているのが、この「隙が多い家」なのです。また、オートロック+玄関対策として、元の鍵+追加で電子キーなどを追加で付けるなどの対策も有効です。現場の状況に応じて、鍵やセキュリティ対策品のご提案なども可能かと思います。

物件のセキュリティシステムを過信しない(防犯性の高い鍵へ交換でも防犯レベルは上がる)

このように、最新のセキュリティシステムが完備されていても、空き巣は侵入できる隙を突いてきます。ですので、セキュリティシステムを過信するのではなく、「自分の城は自分で守る」姿勢が重要となってきます。具体的には玄関の鍵をより防犯性の高いディンプルキー(玄関や侵入経路の鍵交換)にしたり、補助錠を設置することをおすすめします。賃貸物件の場合は、ドア鍵の交換は不動産会社や大家さんに相談する必要がありますが、引っ越しの際に鍵交換代が含まれていることもあるので、相談しておいて損はないでしょう。そのほかには窓に補助錠を設置したり破り防止にガラスにスクリーンを貼るなど、玄関以外に侵入されるリスクのある場所にも同様に対策を行っておきましょう。

空き巣に狙われないために

闇に生きるものは光が当たることを嫌います。すべての空き巣がそうとは限りませんが、空き巣は人目に付かない場所を重点的に狙ってきます。玄関ドアや窓など物理的な対策はもちろんですが、空き巣に狙われづらい部屋作りも防犯面においては重要となってきます。ここでズバリお伝えすると、空き巣が嫌う条件は「人目につきやすい」、「大きな音が鳴る」、「常に周囲が明るい」、「侵入に時間がかかる」の4つです。

これらの条件がすべて揃っている物件は空き巣が侵入しづらいといわれています。立地によってすべての条件を満たすことは難しい場合もあるかもしれませんが、空き巣の特性を知っておくだけでも十分な防犯対策となります。

また鍵交換が出来ない場合、メインキーとは別に補助キーや電子キーなどを追加で付けることにより更なる防犯対策とする事もできますので、もしマンション・事務所の鍵交換、補助鍵の追加(群馬・栃木)にてお困りの場合はお気軽にお問い合わせください。

群馬県の鍵交換ならおまかせください。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。