鍵の事ならどんな事でも24時間365日対応致します!群馬県前橋市の大和レスキューサービス"YRS"

最近TVで見かけるイモビライザー車を狙うリレーカッターとはどのような物か?

 |  |  | 0

イモビライザー車を狙う最新の盗難の手口

最近の自動車はセキュリティーが強化されており、自動車本体に内蔵された暗号鍵と利用する人が持っている鍵の認証が成立しないとドアロックが解除できなかったり、
エンジンをかけることができない仕組みが導入されていることが少なくありません。
従来は高級車に搭載されている装備として知られていましたが、最近では鍵を使わずにドアの開け閉めができるなどの仕組みが非常に流行していることから、軽自動車などにも導入されるようになっています。
このイモビライザーの仕組みは盗難防止に非常に効果のあるものとして注目されていますが、この認証の仕組みを突破し自動車を盗むために利用されるものとしてリレーカッターが話題となっています。

TVでも話題の手口!セキュリティを突破するリレーカッターに注意

リレーカッターはイモビライザーの仕組みである車の鍵と自動車本体の認証の仕組みを突破し、簡単に鍵を開けたりエンジンを始動することができるとして大きな問題となっており、簡単に自動車の鍵を開けてエンジンをかけ車を盗み去ることができるものであることに注意が必要です。
その仕組みは非常に簡単で、認証の仕組みの元となる車自身が持っているID番号を書き換えてしまうことで、リレーカッターが持っているID番号が、正規のものであると認識させてしまうのです。
これはコンピューターに直接アクセスし、知識のある人であれば簡単に書き換えることが可能となっている点に問題があります。
最近の自動車はそのほとんどが様々な部分でコンピューターが使用されており、そのコンピューターが様々な機能をすべて統括する仕組みとなっています。
そのため自動車の状態などを診断するためにもコンピューターの情報が広く利用されており、現代ではなくてはならないものとなっていますが、

イモビライザーに安心せずに日頃から盗難対策を意識してください

正規のユーザが車鍵紛失をしてしまった場合実はその車を操作することができなくなってしまうという問題がありました。
そのため自動車のメンテナンスを行う自動車整備会社やディーラー等はリレーカッターを用いて一時的にID番号を書き換え、そのID番号で新たに鍵を製作することで対応するようになったのです。
しかしこのID番号を書き変えるための装置は比較的簡単な構造であるため、最近では様々なところで販売されるようになっていたことや、
整備会社などに勤務する人物が情報を提供するなどの悪質な行為を行っているケースも目立っているため、
自動車の盗難を目的とする人物がこれらの装置を入手し、悪用するといったケースが増えているのが実態です。
そのため、自分の車はイモビライザーがついているからと安心せずに、しっかりと盗難対策を行っておくことが必要となるのです。

イモビ・スマートキーの鍵紛失ならお任せください

コメントを残す